髙橋修法律事務所

      相談料は一律5,000円(税込)
 06-6361-6257

blog

最高裁裁判官の国民審査

2021.10.25

今月31日の衆議院総選挙と同時に行われる最高裁判所裁判官の国民審査ですが、対象となる裁判官11名の内4名が司法修習の同期と言うのはすごいことです。

林道晴さんは同じクラスの隣の席にいた言わずと知れた秀才のエリート裁判官、最近就任の弁護士出身の岡正昌さんは大阪の実務修習で同じA班にいて、今年の日弁連会長選挙の際に候補者の票集めに電話を2回もくれました。岡さん、その折はつれない態度をとってすいません。

その他に裁判官出身の深山卓也さん、検察官出身の三浦守さんも34期のようです。今回の審査対象でないですが、裁判官出身の戸倉三郎さんも同期です。15名いる最高裁判事の内、実に5名が同期というのはかってないことです。

親友の御器谷が亡くなった時にお通夜に来てくれた公明党の山口那津男さんも34期で、実務修習地が同じ大阪でした。自民党元総裁の谷垣禎一さんも同期です。

そうそうたる花の34期司法修習生のメンバーが社会を動かす最前線で活躍している姿は誇りであり励みになります。