消費者

遺失物法の改正  保管期間が3ヶ月に、探し物はネットで検索

電車のイメージ

電車内で落とし物を拾いました。最近、遺失物法が改正されたと聞きましたが、どのように変わったのですか。

 落とし物や忘れ物の取扱いを定めた遺失物法が改正され、平成19年12月10日に施行されました。これまでは警察署に拾得物が届けられた場合、落とし主を 探し、また落とし主からの連絡を待つ保管期間は6ヶ月でしたが、3ヶ月に変更され、期間経過後は拾得者に引き渡されます。また、各都道府県内で取り扱われた落とし物や忘れ物の情報が警察のホームページで公開され、利用者が落とし物の種類や落とした日、場所などで絞り込み検索できるようになり、3割程度にとどまっている返還率のアップを目指しています。そして、公共交通機関や店舗など多くの落とし物や忘れ物を取り扱う事業者を対象に特例施設占有者制度が新設 され、これらの事業者が警察に届け出たときは、その拾得物を自ら保管できるようになりました。
 返還率が低く大量・安価な傘や衣類などは2週間以内に落とし主が見つからない場合は売却、廃棄できることになりました。携帯電話やカード類などの個人情 報が入った拾得物については、警察が携帯電話会社などに所有者の照会ができるようにするほか、個人情報を保護するため、保管期間が過ぎても拾得者に渡さず廃棄できることにしました。

ページの上へ戻る
土曜法律相談実施中!! 当事務所は土曜日のご相談も承っております。当日でも対応可能です! メールでのお問い合わせはこちら
アフターファイブ-平日お勤め帰りのご相談もお気軽に。
アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-2-9
南森町八千代ビル4階

ホームページを見たとお伝えください 06-6361-6257

執務時間

月~金  午前9時15分~午後7時(午後7時までご来所頂ければ夜間相談可
土 午前9時30分~午後5時

毎日夜10時まで電話予約受付

詳しくはこちら
> > > >