相続分なきことの証明書

父のめぼしい遺産は土地・建物ですが、このたび共同相続人の一人である兄から、相続登記をするので「相続分なきことの証明書」という書類が送られてきて署名捺印するよう言ってきました。この書類はどういうものなのか分かりません。署名捺印しなければなりませんか。

「相続分なきことの証明書」というのは、おもに相続登記において、共同相続人のうちの一人に不動産を取得させる場合に、登記実務のうえで、他の相続人が署名捺印し、印鑑証明書を添付して申請することが認められている次のような書類です。

           証明書

 私は、被相続人からすでに相続分に等しい贈与を受けているので、被相続人の死亡による相続については、その受けるべき相続分のないことを証明します。
  平成◯年◯月◯日

          被相続人 ◯◯◯◯
            右相続人 ◯ ◯ ◯ ◯
 

 このような書類がやりとりされるのは、書類に記載されたとおり生前に十分な贈与を受けている場合もありますが、大部分は事実上相続放棄と同じ目的を達成するために用いられる場合であると思われます。実際に相続放棄をするとなると、三カ月という期間の制限があり、また家庭裁判所に対し相続放棄の申述といった法的手続が必要となるため、より簡便な方法としてこのような書類が用いられるわけです。遺産分割の協議書によっても目的は達しますが、手続が面倒なため、この方法がよく用いられます。
  しかし、法的には正式な相続放棄でないため、被相続人の債務を承継し、後日債権者から債権の取立をされるおそれがありますし、また贈与を受けたと証明するのですから、税務当局から贈与税を問われるおそれが絶対にないとは言えません。また、実際には贈与を受けていないのに受けたことにするわけですから、後日相続人の間のトラブルの原因にもなりかねません。
  このように、この書類にはいろいろ問題がありますので、安易に署名捺印すべきではありません。お兄さんを含む相続人全員で遺産分割について十分に話し合い、分割の協議がまとまれば、遺産分割協議書を作成するのが適切と思われます。

ページの上へ戻る
土曜法律相談実施中!! 当事務所は土曜日のご相談も承っております。当日でも対応可能です! メールでのお問い合わせはこちら
アフターファイブ-平日お勤め帰りのご相談もお気軽に。
アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-2-9
南森町八千代ビル4階

ホームページを見たとお伝えください 06-6361-6257

執務時間

月~金  午前9時15分~午後7時(午後7時までご来所頂ければ夜間相談可
土 午前9時30分~午後5時

毎日夜10時まで電話予約受付

詳しくはこちら
> > > >