離婚理由

夫にはこれと言った非行はないのですが、子供も独立し将来このまま夫と結婚生活を続けていく自信がありません。
このような理由で離婚が認められますか。

このような離婚願望を持つ夫婦が最近増えており、特に妻からのこのような離婚の申立が多いようです。
  民法では配偶者の不貞行為、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、不治の精神病を具体的な離婚原因とし、
    また「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という抽象的な離婚原因を定めています。
①不貞行為
  配偶者ある者が自由な意思に基づいて配偶者以外の者と性的関係を結んだ場合,離婚できる可能性が
     あります。
②悪意の遺棄
  配偶者が正当な理由なく,他方の配偶者との同居を拒む,協力しない,他方配偶者と同一程度の生活を
    保障してくれないといった場合には離婚できる可能性があります。
③3年以上の生死不明
  3年以上,配偶者が生きているのか死んでいるのか確認できない状態が現在まで続いていると,離婚でき
     る可能性があります。
④不治の精神病
  配偶者の精神障害の程度が,夫婦互いの協力義務を十分に果たし得ない場合,離婚できる可能性があり
     ます。
⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由
  性格の不一致、暴行・虐待、家族との不和、勤労意欲の欠如、性交不能・性交拒否・性的異常、アルコール
     や薬物中毒、宗教活動、犯罪行為などが離婚理由となる場合があります。

ご質問のような漠然とした理由では、⑤にあたらないでしょう。
また、夫との性格の不一致が妻の離婚願望の原因であるとしても、どの夫婦でも程度の差はあれ性格の不一致
はあるものですから、それだけの理由では離婚は認められません。どうしても離婚したいのなら、夫と話しをして
協議離婚をするしかありません。
もっとも、夫の「自分中心」「わがまま」「思いやりがない」などの性格のため妻と喧嘩が絶えず、その結果夫婦
 生活に修復できない亀裂を生じ夫婦関係が破綻しているような場合は、「婚姻を継続し難い重大な事由」にあた
 り離婚が認められる場合があると思われます。

当事務所では、離婚事件を数多く扱っていますので、ご遠慮なくご相談下さい。

ページの上へ戻る
土曜法律相談実施中!! 当事務所は土曜日のご相談も承っております。当日でも対応可能です! メールでのお問い合わせはこちら
アフターファイブ-平日お勤め帰りのご相談もお気軽に。
アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-2-9
南森町八千代ビル4階

ホームページを見たとお伝えください 06-6361-6257

執務時間

月~金  午前9時15分~午後7時(午後7時までご来所頂ければ夜間相談可
土 午前9時30分~午後5時

毎日夜10時まで電話予約受付

詳しくはこちら
> > > >