DVを防止する

ドメスティック・バイオレンス

家出のイメージ

夫の度重なる暴力に耐えられず子どもを連れて家を出ましたが、夫が私や子どもに近づかないよう裁判所に命じてもらえますか。

   配偶者の度重なる暴力に対しては、いわゆるDV防止法にもとづき裁判所の保護命令を出してもらうよう申し立てができます。
 保護命令には、6ヶ月間被害者の住居その他の場所において被害者の身辺につきまとうこと、または被害者の住居や勤務先などの場所の付近を徘徊することを禁 止する接近禁止命令と、2ヶ月間被害者と共に生活している住居から退去して付近を徘徊しないことを命令する退去命令があります。いずれも、命令の期間が経 過した後に再度申し立てることができます。

 ご質問の場合、夫が父親の立場で子どもを連れ戻すと疑われる言動を行っているなどの事情があり、あなたが夫と面会することを余儀なくされることを防ぐ必要 がある場合、あなたに危害が加えられることを防止する必要があります。このような場合、子どもへの接近を禁止する命令を出してもらうことができます。この 場合、夫に対し6ヶ月間子どもの住居や学校などの場所で子どもの身辺につきまとうこと、子どもが通常所在する場所の付近を徘徊することが禁止されます。た だし、子どもが15歳以上のときは、子どもの同意が必要とされます。 
   当事務所では、夫婦をめぐるトラブルも多く扱っていますので、ご遠慮なくご相談下さい。

ページの上へ戻る
土曜法律相談実施中!! 当事務所は土曜日のご相談も承っております。当日でも対応可能です! メールでのお問い合わせはこちら
アフターファイブ-平日お勤め帰りのご相談もお気軽に。
アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-2-9
南森町八千代ビル4階

ホームページを見たとお伝えください 06-6361-6257

執務時間

月~金  午前9時15分~午後7時(午後7時までご来所頂ければ夜間相談可
土 午前9時30分~午後5時

毎日夜10時まで電話予約受付

詳しくはこちら
> > > >