パートタイマーの解雇

何年もパートで勤務している会社から、今後
は労働契約を再契約しないと言われました。
従う義務がありますか。

パートタイマーの労働契約はほとんどが短期間で、
例えば3ヶ月といった期間の定めのあるパートタ
イマーの労働契約がこれまで長期間反復更新され
てきた場合、次の更新拒絶を使用者が拒否したとき、
期間満了なのか解雇なのかがまず問題となります。
一般的には、短期の契約を反復更新し相当期間使用
関係が継続し、実質的に期間の定めのない契約と認
められる場合は解雇と考えられます。従って、解雇
予告の手続が適用されます。
次にパートタイマーとフルタイムの労働者の地位に
は差異があり、会社側の都合で労働者の整理をする
場合、パートタイマーから先に整理されるのが通常
です。しかし、何の理由もないのに解雇するのはパ
ートタイマーの地位を不安定にさせ解雇権の濫用に
あたります。解雇が認められるには、会社側にパー
トタイマーを整理する経営上の必要があるなど、解
雇してもやむを得ないと認められる特別の事情があ
ることが必要です。そのような事情もないのに解雇
することは、解雇権の濫用となり解雇は無効となり
ます。

ページの上へ戻る
土曜法律相談実施中!! 当事務所は土曜日のご相談も承っております。当日でも対応可能です! メールでのお問い合わせはこちら
アフターファイブ-平日お勤め帰りのご相談もお気軽に。
アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-2-9
南森町八千代ビル4階

ホームページを見たとお伝えください 06-6361-6257

執務時間

月~金  午前9時15分~午後7時(午後7時までご来所頂ければ夜間相談可
土 午前9時30分~午後5時

毎日夜10時まで電話予約受付

詳しくはこちら
> > > >