契約

敷金返還をめぐるトラブル

借家のイメージ

借家を退去する時に敷金から多額の修繕費を差し引かれました。通常損耗分についても修繕費用を負担する必要があるのですか。

 借家の借主は退去の際に原状回復義務があります。しかし、借主が負担する必要があるのは故意や過失、あるいは通常の使用方法に反する使用により生じた傷などの修繕費用です。経年変化や通常の使用に伴う損耗は借主の負担とならないのが原則です。
 しかし、実際には入居中にできた傷かはっきりしないことがトラブルの原因になることがよくあります。従って、入居時に壁に染みやクギ穴はないか、浴槽や 畳、床などに変色や傷などがないかなど仲介業者の立会いのもとで必ず確認し、写真をとったり、原状回復チェックリストにして貸主と合意しておくのが賢明で す。
 例外的に通常損耗分の修繕費用を借主の負担とする特約をする場合があります。最近の最高裁の判例によれば、このような場合でも借主に通常損耗の原状回復義 務が認められるには、少なくとも借主が補修費用を負担することになる通常損耗の範囲が契約書に具体的に明記されているか、あるいは貸主が口頭で説明して借 主がそれを明確に認識して合意したと認められるなど、通常損耗補修特約が明確に合意されていることが必要とされます。

ページの上へ戻る
土曜法律相談実施中!! 当事務所は土曜日のご相談も承っております。当日でも対応可能です! メールでのお問い合わせはこちら
アフターファイブ-平日お勤め帰りのご相談もお気軽に。
アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-2-9
南森町八千代ビル4階

ホームページを見たとお伝えください 06-6361-6257

執務時間

月~金  午前9時15分~午後7時(午後7時までご来所頂ければ夜間相談可
土 午前9時30分~午後5時

毎日夜10時まで電話予約受付

詳しくはこちら
> > > >