時間外労働と割増賃金

残業した場合の賃金の割増はどうなるのですか。

労働基準法では、労働時間が8時間を超える場合、超えた分の時間について、事業主は通常の賃金の2割5分以上の割増賃金を支払わなければなりません。また、午後10時から午前10時までの深夜労働の場合も2割5分以上の割増賃金を支払わなければなりません。1週1回と決められた休日労働の場合は3割5分以上の割増賃金を支払わなければなりません。
  時間外労働と深夜労働が重なるときは5割以上、休日労働と深夜労働が重なったときは6割以上の割増賃金が支払われることになります。なお、パートタイマーも同じ時間外労働のルールが適用されます。

ページの上へ戻る
土曜法律相談実施中!! 当事務所は土曜日のご相談も承っております。当日でも対応可能です! メールでのお問い合わせはこちら
アフターファイブ-平日お勤め帰りのご相談もお気軽に。
アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-2-9
南森町八千代ビル4階

ホームページを見たとお伝えください 06-6361-6257

執務時間

月~金  午前9時15分~午後7時(午後7時までご来所頂ければ夜間相談可
土 午前9時30分~午後5時

毎日夜10時まで電話予約受付

詳しくはこちら
> > > >