遺産の管理

亡くなった父の遺産のなかに賃貸している土地や建物があり、遺産分割ができるまで長男の私が管理するよう言われています。遺産の管理は誰がどのようにするのですか。また、固定資産税や建物の修理費用、火災保険料などの費用は誰が負担するのですか。

遺産分割するまでの遺産の管理は、相続人が共同ですることもできますし、相続人間の話し合いで相続人のうちのだれかを、あるいは相続人以外の第三者を管理人として選任し管理させることもできます。また、家庭裁判所に管理人の選任を請求することもできます。
  次に遺産の管理をまかされた人が支出した費用は、相続財産に関する費用として相続財産から支出されることになり、相続財産に現金等があればこれから支出し、ない場合には各相続人が相続分に応じて負担することになります。

 分割前の遺産を相続人が共同で管理する場合は、民法の共有の規定により各相続人は相続分の割合に応じて管理する権限をもつことになりますが、遺産の保存行為は相続人が単独で行うことができ、その他の管理行為は、各相続人の持分に従いその過半数で決めることになります。おたずねの固定資産税や火災保険料の支払い、建物の修繕は保存行為と考えられますので、各相続人が単独で行うことができます。
  また、ご質問の場合のように共同相続人全員の同意により相続人のうちのだれかを管理人に選任したり、相続人以外の第三者を選任して管理させることもできます。この場合、管理人は委任契約の受任者としての権利義務を有することになり、善良な管理者としての注意義務を要求され、報告義務や受取物等の引渡義務などを負うことになり、一方委任事務の処理に際して必要とする費用の請求権を有することになります。

 次に遺産の管理費用の負担ですが、民法は「相続財産に関する費用は、その財産の中から、これを支弁する」と定めています。
  遺産の管理費用もこの相続財産に関する費用にあたり、相続財産から支出されることになります。その清算をどのようにするかについては見解が分かれていますが、実務上は遺産分割の際に清算されることが多いようです。ただ、分割をまたずに早期に清算したい場合は、相続人全員の同意があれば、遺産分割前に清算し、遺産の中の現金や預金等から支出し、あるいは遺産から生じる家賃等の収益から支出するか、相続人間で負担割合を定めて支出するか決めることができます。

ページの上へ戻る
土曜法律相談実施中!! 当事務所は土曜日のご相談も承っております。当日でも対応可能です! メールでのお問い合わせはこちら
アフターファイブ-平日お勤め帰りのご相談もお気軽に。
アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-2-9
南森町八千代ビル4階

ホームページを見たとお伝えください 06-6361-6257

執務時間

月~金  午前9時15分~午後7時(午後7時までご来所頂ければ夜間相談可
土 午前9時30分~午後5時

毎日夜10時まで電話予約受付

詳しくはこちら
> > > >