別居中の生活費

夫とは別居していますが、生活費を送ってくれず子供二人をかかえて生活に困っています。どうすればいいですか。

  「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生じる費用を分担する」ことになっており、夫婦は婚姻費用を分担する義務があります。婚姻費用には、衣食住の費用、子供の養育費、医療費、交際費、娯楽費などが含まれます。
  婚姻費用の分担について夫と話し合いが出来ない時は、家庭裁判所に婚姻費用分担の調停を申し立てます。
   調停でも決まらない時は、家庭裁判所の審判官(裁判官)に審判で決めてもらうことになります。夫が分担する婚姻費用の額は、夫と妻の収入を合計したものをそれぞれの消費単位に按分して算定する方式が実務上よく用いられます。また、分担額を決める際に別居に至った責任について問題となることがあり、例えば妻の不貞が原因で別居しているような事情は、夫の分担額を決める際に考慮されます。
  調停や審判で決まった婚姻費用を夫が支払わない場合、家庭裁判所に履行を勧告してもらいます。それでも支払わない時は、強制執行を申し立て、夫の給与などを差し押さえて支払いを受けることが出来ます。

   当事務所では、婚姻費用分担申立事件も多く扱っていますので、ご遠慮なくご相談下さい。

ページの上へ戻る
土曜法律相談実施中!! 当事務所は土曜日のご相談も承っております。当日でも対応可能です! メールでのお問い合わせはこちら
アフターファイブ-平日お勤め帰りのご相談もお気軽に。
アクセス

〒530-0054
大阪市北区南森町2-2-9
南森町八千代ビル4階

ホームページを見たとお伝えください 06-6361-6257

執務時間

月~金  午前9時15分~午後7時(午後7時までご来所頂ければ夜間相談可
土 午前9時30分~午後5時

毎日夜10時まで電話予約受付

詳しくはこちら
> > > >